ゲストソサエティ

城間 政江しろま まさえ

プロフィール

HIV人権ネットワーク沖縄

沖縄市出身
県立コザ高等学校、琉球大学卒業

歯科助手を経てハンセン病証言集の編集事務局員に。全3巻の「沖縄県ハンセン病証言集」に携わる。
現在、沖縄自分史センター(株)編集者として活動中。

http://www.hiv-net.com/

http://chineasa.ti-da.net/

出演番組

2011年10月14日

HIV人権ネットワーク沖縄の主催する高校生フォーラムなどの啓蒙活動を通して集まった県内の小学生~専門・大学生の有志が人権劇「光の扉を開けて」を作りあげました。
同作はハンセン病とHIV/AIDSに共通する「病気への差別・偏見」を題材にしています。
この舞台作品には日本各地からの注目が集まっており、シンポジウムへの出演の要請も毎年ありますが、沖縄の地からは旅費負担が大きく、参加できない学生がいます。今年2011年11月開催の「ハンセン病シンポジウム in 静岡」には、30,000円で学生を1人派遣することが可能です。
趣旨に賛同する「みらいファンド沖縄」の寄付募集活動支援プログラム「ぱくと」でも派遣予定学生の支援を受け付けています。企業・個人を問わず皆さまのご協力をお待ちしています。

特定非営利活動法人HIV人権ネットワーク沖縄
「沖縄の学生がつくる人権劇の県外公演プロジェクト」
http://miraifund.org/?post_type=kikin&p=2961

NPO法人HIV人権ネットワーク沖縄の活動概要
http://miraifund.org/npo.php?id=10

続きを見る

ヒトワク

ヒトワク

111014NPOヒトワク_NPO法人HIV人権ネットワーク沖縄/城間政江

(2011/10/14)